海外語学研修 
速報は こちら
 
H28年度部活動安全対策支援事業 部活動安全対策講習会 2月3日(金)
「怪我を防ぐために」〜自分の体を知る〜
講師:山本 寿美
・股関節の動き、肩甲骨の動きのチェック
・トレーニング&ストレッチ
・講義、実技
 
栄養講習会1月21日(土)
管理栄養士の方を招き、野球部20名、バスケットボール部21名、保護者9名の計50名で栄養講習会を実施しました。
パフォーマンス向上には練習や休養・栄養は必須です。その中で栄養に関して、どのくらいのカロリーを摂取するのか、バランスはどうしたらいいのかなど丁寧に講習していただきました。「朝食の大切さ」「栄養フルコース型」「ゴールデンタイム」といったキーワードは生徒の心に響くもので、授業の中で聞いた言葉もあり、非常に身近に感じるものでした。
講習後、持参したお弁当を持ち寄り、講師の方に見ていただきました。ほとんどの生徒が、栄養的に不足しているというお話をいただき、目の前で食への意識を変えるきっかけをもらいました。食事は身体も含め、心の成長にも欠かせないものです。そして、意識するとすぐにでも変えていけるものです。これを機会に、自らの食生活を考え、心身の成長とパフォーマンスの向上に役立てたいです。
 
保健サービスデー 1月13〜17日(金・月・火)
1月13日〜17日の3日間、保健サービスデーが1、2年生の保健委員を中心に実施されました。今回は普段の手洗いでどれだけ手をきれいに洗えているのかを調べるものでした。手にジェルを塗り、手を洗い、特殊なライトを手に当てると洗えていない部分が発光するものです。生徒は、普段の手洗いが不足していることを確認するとともに、どの部分が見逃しがちであるのか、目で確認できるいい機会となりました。この時期は風邪やインフルエンザの流行する時期でもあります。こうした機会をきっかけに、予防の意識を高めていきたいです。
 
合唱祭が開催されました 12月16日
鎌倉芸術館で「平成28年度柏陽高等学校合唱祭」が開催されました。1年生にとっては初めての合唱祭、2年生には昨年よりも2カ月近く早めの開催という、厳しい練習日程でした。各クラスとも、練習を重ね、本番では一致団結したハーモニーを聞かせてくれました。結果は次のようになりました。
   <1年の部>最優秀賞:1年1組  優秀賞:1年5組
   <2年の部>最優秀賞:2年7組  優秀賞:2年8組
また、当日はたいへん多くの保護者の方々にご来場いただき、誠にありがとうございました。
 
法科大学院in柏陽2016 12月2日
中間試験の最終日の午後、1・2年生を対象に、「法科大学院in柏陽」(横浜国立大学大学院国際社会科学府法曹実務専攻(法科大学院)による高校生向け法科大学院制度説明会)が開催されました。
  題目:法曹の仕事と私たちの暮らし
  趣旨:高校生に法曹の仕事や法曹養成の仕組みの理解を深めてもらう
1・2年生とその保護者含め25名が参加し、横浜国立大学の教授陣と現職の弁護士計5名の講師の方から、普段はなかなか伺うことのできない法曹の仕事について、司法試験について等、貴重なお話をいただくことができました。
 
東工大in柏陽 12月2日
中間試験の最終日の午後、1年生、2年生を対象に「東工大in柏陽」が開催されました。東京工業大学アドミッションセンター副センター長で生命理工学院教授の丸山厚先生をお招きし、東工大についての紹介や生命理工学院で行っている最先端の研究内容の紹介をしていただきました。後半は高度な内容ではありましたが、高校生にも分かりやすい説明でした。1、2年生合わせて60名を超える参加者がおり、講義終了後は質問待ちの列ができていました。
 
臨時休業(感染性胃腸炎症状による)後の状況について 12月12日
平成28年12月5日に、『「感染性疾病」の予防・拡大防止に係る取組みの継続について』をお知らせしました。
ご心配をおかけしましたが、その後、一応落ち着き、感染性胃腸炎症状による欠席者無しの日が続いております。本校では引き続き「感染性疾病」の予防・拡大防止に向け、安全・安心な学習環境づくりに努めてまいります。
「感染性疾病」の予防・拡大防止の基本は「換気と手洗い」です。
ご家庭におかれましても十分ご留意くださいますようお願いします。
 
「感染性疾病」の予防・拡大防止に係る取組みの継続について 12月5日
詳細については こちらをクリック (pdf 94kb)
 
全国短歌大会で、最優秀賞・学校賞他を受賞しました。11月12日
一年国語総合の授業で短歌を詠み、第22回宮柊二記念館全国短歌大会に応募しました。応募総数12,661首、うち高校生の部5,541首の中から、本校の1年生橋芽衣さんの作品が1位にあたる「最優秀賞」に選ばれ、2位にあたる「選者賞(久我田鶴子選)」に1首、「宮柊二記念館長賞」1首、秀逸8首、佳作8首、計19名が入賞しました。みんなで取り組んだ甲斐あって、応募数が多くかつ優秀な成績を収めた学校に授与される「学校賞」もいただくことができました。11月12日に新潟県魚沼市で行われた授賞式の様子を写真でお伝えします。
 
最優秀賞作品
  能面が無機質に叩く指の先トーク画面には(笑)があふれる
 
「現代を歌って鋭い批評性があり、舌を巻く上手い歌」と選者(歌人)の講評をいただきました。
 
 
校内全域消毒の記録 11月11日
横浜市栄区福祉保健センターからの指導を受け、次亜塩素酸ナトリウムを校舎内全域(体育館フロア・トイレ壁面を含む)に散布しました。
 
臨時休業明けに向けた対応等について 11月11日
詳細については こちらをクリック (pdf 122kb)
 
感染性胃腸炎による臨時休業について 11月9日
詳細については こちらをクリック (pdf 100kb)
 
49期生修学旅行 速報
修学旅行速報は こちらをクリック 
 
第34回柏陽祭が開催されました 10月1日(土)〜2日(日)
10月1日(土)2日(日)の2日間にわたり、第34回柏陽祭(文化祭)が開催されました。「光〜青春矢の如し〜」というテーマのもと、一瞬で過ぎ去ってしまう高校時代に、いつまでも心にのこるものにしたいという思いで準備をし、当日は、柏陽生が一丸となって文化祭を創り上げることができました。
後夜祭の最後は打ち上げ花火で幕を閉じ、青春の光の余韻に浸りました。また、両日合わせて約6,000名の方々にご来場いただき、盛況に終わることができました。ご来場いただいた皆様方、どうもありがとうございました。
なお、特別企画「柏陽No.1シンガーは誰だ!(のど自慢大会)」の入賞者は以下のとおりです。
  【デュエット部門】       【ソロ部門】
 1位 Y・N&Y・N       1位 K・S
 2位 A・N&H・Y       2位 S・I
 3位 T・O&S・O       3位 Y・Y
 
県教育委員会主催の「新たな学力向上進学重点校」の説明会について 10月29日(土) 11月6日(日)
内容  平成30年度からの「新たな学力向上進学重点校」について
    「新たな学力向上進学重点校」を目ざす、エントリー校の取組みについて
場所  10月29日(土) 横浜市西公会堂    11月6日(日) 藤沢市民会館大ホール
 入場無料ですが、施設の収容人数の関係から、事前にWeb上での申込みが必要です。
 詳しくは こちら をクリックして下さい。(pdf 94KB)(9月20日更新)
 
第2回学校説明会(10月22日(土))について
10月22日(土)の学校説明会は、次のように開催させていただきます。
午前 9:40〜10:55 (受付開始時刻9:10) (原則として)横浜市在住の中学生・保護者対象
午後 13:00〜14:15 (受付開始時刻12:30) (原則として)上記以外の地域在住の中学生・保護者対象
なお、午前の説明会は混雑が予想されますので、できるだけ午後の説明会に参加することをお勧めします。
午前、午後とも予約の必要はございません。希望者には校内見学を実施します。
問い合わせ先 甲斐・大森・三橋 045-892-2106
 
第1回学校説明会中止に係るお詫びと第2回学校説明会について
8月22日(月)に予定しておりました第1回学校説明会は、台風の影響により中止とさせていただきました。本校の説明会に、お越しいただく予定の中学生・保護者の皆様には大変ご心配ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした。
10月22日(土)に予定しております第2回学校説明会について、実施方法、内容等を含めて現在検討中です。決定次第、改めて本校ホームページに掲載予定です。
 
エンパワーメントプログラム 8月8日(月)〜12日(金)
将来の国際社会で活躍する人材の育成を目指し、高い学力、コミュニケーション能力、リーダーシップを身に付けさせるとともに、豊かな人間性・社会性を育む本校の教育目標の一環として、8月8日(月)〜12日(金)の5日間の日程で、本校を会場にしてエンパワーメントプログラムを初めて行いました。
このプログラムに参加した本校の生徒約30人は、平塚中等教育学校、横浜平沼高等学校の生徒たちと一緒に1日5時間以上英語漬けになり、全体の進行役のジェイソン氏、アメリカの大学生や東大大学院留学生の指導、グループ内での議論を通じて、ポジティブ思考やリーダーシップなどについて学び、考えるとともに、英語力や発表能力を培うことができたようです。
「楽しかった」、「自信がついた」、「英語が少し聞き取れるようになった」、「積極的になれるようになった」などの声が生徒から聞かれました。
修了書を受け取り、満面に笑顔を見せる生徒たち
 
全国高等学校総合文化祭広島大会囲碁部門出場! 8月2日(火)〜8月3日(水)
第40回 全国高等学校総合文化祭 広島大会 囲碁部門に、1年平野朋子さんが神奈川県団体戦代表として出場しました。他校から選ばれた2名とともに出場し、団体7位という好成績を収めました。その中にあって、平野さんは強豪チーム相手にも勝ち星をあげ、団体戦6戦5勝とチームに大きく貢献しました。
今年から囲碁将棋同好会も設立されました。囲碁将棋同好会は女子部員を募集して秋の団体戦に出場しようと奮起しています。また、来年は個人戦での出場権を得たいと意気込んでいます。興味のある人は、是非声を掛けて下さい。
 
芸術鑑賞会が開催されました 7月8日(金)
今年度は、躍動感あふれる津軽三味線のライブ「あべや」を鑑賞しました。「あべや」は若手奏者を中心とした、津軽三味線民族音楽ユニットです。津軽三味線演奏家の中でも群を抜く実力と実績を持つ阿部金三郎・銀三郎兄弟の楽しく、巧みなトークを交えた“邦楽エンターテイメント”が繰り広げられました。柏陽生や先生の参加するソーラン節もあり、あっという間の1時間30分でした。「とても楽しかった」「すごい迫力でもっと聞きたかった」等の感想が多く、笑顔で鎌倉芸術館を後にしました。柏陽生に感動を与えてくれた芸術鑑賞会でした。
 
体育祭 7月1日(金)
あいにくの雨により順延となりましたが、当日は快晴の中、無事に体育祭を行うことができました。今年は赤・青・黄色に黒色も加わり、マスコットも例年の2倍の大きさとなるなど、新しい試みの中でどの色も最高のパフォーマンスを披露しました。3年生が中心となって1,2年生をリードし、平日はもちろん、休日も朝から夕方まで熱心に準備に取り組む姿が見られました。色別演技はどの色も練習の成果を存分に発揮し、各競技においてはクラスごとに団結して力を出し切りました。結果は以下の通りです。
 
   総合優勝       黒組
   色別演技   第1位 赤組
   マスコット  第1位 黄組
   学年優勝   3年8組  2年3組  1年6組
 
 
遠足 4月20日(水)
1年の遠足はクラス作りの基礎となる人間関係を正しく育てることを目的としたプログラム PAA21(Project ASHIGARA Adventure21)を南足柄運動公園で行いました。
活動はすべて野外活動なので天気が心配でしたが、天候に恵まれ充実したプログラムが実施出来ました。
生徒達はスタッフの支援のもとでコミュニケーションや協力が必要なゲームを中心とした課題をこなし、途中で反省もしながら一日を過ごしました。
事前の準備と事後の取り組みは生徒の旅行委員を中心に進めました。バスレクで盛り上がったクラスも多く、終わってからも遠足の成果を元にクラスのスローガンなどを決め、まとめのポスターを作る活動を行っています。
 
2学年遠足の集合場所は、修学旅行の前哨戦で羽田空港国際線ターミナルSカウンター。このSカウンターが曲者で、実はなかなか見つからないのです。修学旅行本番で遅れると大変なので、今回は練習で集まってもらいました。
当日は案の定、Sカウンターはどこだ〜と迷い人が多数出ましたが、なんとか無事に全員出発。それぞれグループごとに予定していた大学に向かいます。一番人気は東大。ほかにも東工大や慶應大、早稲田大、青山学院大、理科大などなど。ほとんどの大学では、受付で資料を受け取った後キャンパス内を自由に見学できるようになっています。新入生や就活生が闊歩する中、柏陽生たちも一足早い大学生気分を満喫しました。大学訪問の後は表参道を練り歩いたり、浅草で食べ歩きをしたり。お天気にも恵まれ、思い思いの散策を楽しんだ様子です。
毎日忙しい日々を送る柏陽生。将来のことを考えながらも、ちょっとした息抜きになったでしょうか。
 
うららかな日差しのもと、最高の遠足日和となりました。
3年生は、午前は希望するコースに分かれて過ごしました。芝桜コースは、咲き始めの上品な芝桜を眺めつつ、さすがは食べ盛りの高校生、B級グルメコーナーも大人気でした。イチゴ狩りコースでは、摘みたての新鮮なイチゴをたらふく食べられて大満足の様子でした。登山コースでは片道30〜40分程度の軽い登山でさわやかな汗を流し、頂上の景色とソフトクリームで疲れを癒しました。
午後は大きな芝生公園に学年全員が集まり、昼食をとったりレクリエーションをしたりしました。また、学年全員で協力して「柏陽高等学校48期」という言葉を人文字で作り、記念撮影しました。
たくさんの自然のなかで羽根をいっぱいに伸ばせた有意義な一日となりました。
 
入学式 4月6日(水)
花曇りが続いていた4月。奇跡のようにこの日だけ晴天に恵まれ、満開の桜の中50期生319名が入学しました。高い人間性を持ち自らの意思で学問に取り組むそんな生徒に育ってほしいと願っています。
 
平成27年度 学校行事
昨年度の新着情報は こちらをクリック