栄区×インバウンド フォーラム 12月10日(日)
横浜市栄区にある3つの高校(金井高校,横浜栄高校,柏陽高校)の生徒たちが,地域の魅力を見つめ直し,外国人が訪れたときに紹介したい場所やおもてなしの方法について考え,地域の方に向けて発表する「栄区×インバウンド フォーラム」が神奈川県立地球市民かながわプラザ 5階 映像ホールにて行われました。小山内栄区長のご挨拶,城島あーすぷらざ館長のご挨拶,株式会社ジェイティービーで観光立国推進担当マネージャーを務める山下真輝氏の基調講演に続き,金井高校,横浜栄高校,柏陽高校の順番で発表を行い,最後に山下氏からご講評をいただき閉会しました。
本校からは,1年生国際委員と1年生の生徒会執行部が参加し発表を行いました。まず栄区が鎌倉・江の島・横浜の観光地と地理的に近い話から栄区の魅力を伝え,栄区ツアーとして,舞岡公園の行事体験などを,またレンタサイクルの活用や観光施設の新設などを提言し,途中笑いもとりながら発表を終えることができました。山下真輝氏からは,舞岡公園での行事体験のアイデアなどは,パシフィコ横浜に会議で来られた外国人に体験していただく魅力的なイベントとして紹介できるとお褒めの言葉をいただきました。生徒たちは,自分たちが通う栄区の魅力を見つめ直す良い機会になるとともに,協力して準備・発表することを通じて,さまざまな学びや発見があったようです。
 
感染症予防研修会 12月6日(水)
職員対象に栄区役所より保健師の方に来校頂き、感染症予防研修会を実施しました。昨年度の本校におけるノロウイルスの集団感染を受け、嘔吐物の適切な処理・消毒の方法や予防策について学びました。また、集団感染の事例をもとにしたお話や今後流行が予想されるインフルエンザへの対策などを学び、非常に有意義な時間となりました。
 
柏陽高等学校創立50周年記念式典 11月1日(水)
神奈川県教育委員会教育局長ほか,多数の来賓のご臨席を賜り,記念式典(第1部)を開催しました。
第2部は,本校22期生の大日方 邦子(おびなた くにこ)氏((株)電通パブリックリレーションズ シニアコンサルタント,一般社団法人日本パラリンピアンズ協会(PAJ)副会長)より,「柏陽高校の思い出、柏陽生に期待するもの」の演題でご講演いただきました。当日大日方氏は,体調がすぐれない中,様々なご体験や希望にあふれたお話を多数お話くださり,在校生はもとより,卒業生,来賓の方々,本校職員一同,感動するとともに,大変勇気づけられました。在校生の中には,感極まって涙腺が緩み放しだった生徒もいたほどです。
第3部は生徒の日ごろの成果発表として,部活動の発表(軽音楽部,吹奏楽部,合唱部,書道部)や昨年度の「科学と文化」で大賞に輝いたグループの発表とともに柏陽高校の1年やクイズで大いに盛り上がりました。
司会進行は第1部から第3部まですべて,生徒50周年記念委員会の委員長(3年生2名)が務め,休憩をはさみながら午後の3時間半があっという間に過ぎていきました。
在校生はもとより,卒業生をはじめ,多くの方々が式典を堪能していたようです。
柏陽高校は,今後とも県内を牽引する学校の一つとして,また次の50年に向けて新たに走り出します。
 
第1部 記念式典
1 開式のことば
2 国歌斉唱
3 実行委員長のことば
4 学校長のことば 
5 来賓祝辞
6 PTA会長のことば
7 生徒代表のことば
8 記念事業紹介
9 校歌斉唱
10 閉式のことば
 
第2部 記念講演
  「柏陽高校の思い出、柏陽生に期待するもの」
     大日方 邦子 氏
 
第3部 生徒発表会
1 開会のことば
2 文化部によるパフォーマンス
3 ビデオレター 
4 柏陽クイズ
5 文化部によるコラボパフォーマンス
6 柏陽の1年間を振り返る企画
7 閉会のことば
第1部 記念式典
第2部 記念講演
第3部 生徒発表会
 
平成29年度 50期生修学旅行
速報は こちらをクリック  
 
国際理解教育 米国人高校生の来校 6月16日(金)
米国ウィスコンシン州メモリアル高校等で日本語クラスを履修している米国人高校生8名が柏陽高校に来校し、英語、数学、総合的な学習や美術の授業に参加しました。各授業では本校の国際委員会の生徒が率先して、授業内容を米国人高校生に説明し、活動に参加できるようサポートしました。また放課後の部活動体験では、茶道部、競技かるた部、書道部および剣道部に参加し、本校生徒がジェスチャーを交えながらも英語で日本文化を紹介しました。
 
臨海実習 磯の動物の分類実習 実施しました 5月12日(金)
三崎町にある東京大学附属臨海実験所(三崎臨海実験所)で磯の動物を採集をしました。
採集した動物は形態によって門(脊椎動物門、節足動物門など)ごとに分類しました。
講師の先生の講義を聴いた後、班ごとに担当する門を決めさらに自分が担当するサンプルを決め種を調べ、スケッチと写真撮影を行いました。
サンプルからDNA の抽出の抽出を行いました。抽出したDNAを使って分子分類を後日行う予定です。
 
平成28年度 学校行事
昨年度の新着情報は こちらをクリック